ベビーモニターを買ってみた

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

結構前の話になるのですが、子供の様子を離れた位置から確認できるベビーモニターを導入してみました。

スポンサーリンク

Victureのベビーカメラ(BM32)

Wifi接続のネットワークカメラは、デフォルトでセキュリティを緩く使っている場合、ネット上に公開されてしまったりという懸念がありますので、親機と子機の無線接続という条件で選定しました。

選定の条件

選定の条件に下を選びました。外部ネットワーク接続なしというのがポイントです。外部からアクセスされて家の中覗かれる可能性は排除しておきたいです。

  • 1万円以下
  • 無線接続(親機-子機間の通信)
  • 外部ネットワーク接続なし

それで選んだのがこのVicture のBM32というモデル。中国製ですが、箱のデザインはおしゃれな感じです。

こんな感じで綺麗な梱包で意外としっかりしたところから出荷されている??という印象を受けます。ちなみに電源はUSBなのですが、ACアダプタ付きなので別途購入しなくても使用できます。

気に入っている機能

使う上で便利な機能が下記の通りです。

  • 2.4GHzの無線
    →電子レンジと干渉しにくい
  • 赤外線暗視
    →これがまた思ったよりもしっかりと映ります。スマホのカメラのTOFレーダーと相性が悪いようで、チカチカします。TOFレーダーは赤外線使ってるんでしょうね。
  • 温度モニター
    →子供近傍は測定できませんが、カメラ近傍の温度を測定することができます。精度も実用上問題ないレベルでした。
  • 双方向通話可能
    →まだ、双方向の通話は必要ありませんが、大人との会話には便利でした。
  • 音がするとモニターON
    →意外と便利。子供が泣いたり、音を立てるとディスプレイが起動するようになっています。
  • 3.2インチ高品質LCDディスプレイ&2.4GHzワイヤレスデジタル伝送: 3.2インチTFT LCDスクリーンを使用し、強化された2.4GHzワイヤレステクノロジーを搭載してベビーカメラに接続します。安定した干渉のない、より鮮明なリアルタイムビデオを提供します。
  • 赤外線暗視&温度監視: ベビーモニターには、赤外線暗視機能が搭載されており、消灯後も赤ちゃんの睡眠状態を鮮明に表示できます。室温監視センサーにより、赤ちゃんの睡眠、または遊ぶ環境温度をタイムリーに調整できます。
  • 双方向音声通信&様々なシーンに適応: には、クリアな双方向オーディオコール用の高度な高感度マイクとスピーカーが装備されております。赤ちゃんが泣いているときに赤ちゃんを慰めたり、子守唄を再生したりできます。色んなシーンに適用できるので、部屋、キッチン、庭などに自由に移動できます。
  • Voxモード(Ecoモード)&摂食アラーム: 赤ちゃんが泣いているとき、画面が自動的に起動し、赤ちゃんが良いかどうかを両親に知らせます(画面オフモードでのみ動作します)。Voxモードを設定すると、充電せずにも作業時間が延長できます。アラーム時間を設定して、赤ちゃんに栄養を与える時間であることを思い出させることができます。
  • 安全&取り付き簡単: ベビーモニターは360度自由に回転でき、壁や他の場所に簡単に設置でき、一日中赤ちゃんの状態を監視できます。

安い割に使えるというのが総じての印象ですね。

ACアダプタも大きさはそこそこなので、電源タップの種類によっては二つ並べることもできます。

映り具合について

被写体から約40cmのところから撮影した時の映像です。思ったよりも大きく映ります。したがって、ベビーベットの柵から子供を映すと顔がしっかり映るような映り具合になっているようです。
暗視機能もついていますので、もちろん暗闇でも撮影できます。この時は赤外線を照射して撮影しているので、モノクロになります。

モニターに組み合わせて利便性を向上させるグッズも購入しました。

フレキシブル三脚(くねくね三脚)

スマホやコンデジ用のくねくね三脚です。よく聞く商品名としては、「ゴリラポッド」ですね。1000円ぐらいで購入したので、あまり品質は期待できないかと思っていたのですが、しっかりしていました。

脚の自由度はもちろん、角度調節やワンタッチ、さらに水平ゲージまでついています。

ベビーベッドに設置したり、床置きするときに便利になりました。

最後に

生まれたてはかなり気を付けて、このモニターで様子を見ていましたが、今は落ち着いているので、実はモニターは動かしていません。

ただ、動き回るころには高い位置にセットして部屋全体が見れるようにしたいと思っています。思ったよりも映る映像の解像度が良くない点が玉にきずですが、子供が「どこにいるか」「どんな状態か」が見れるので、これからも便利に使えると思います。話しかけられるのもこれからはきっと使えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました