【行けるかもは×】家族旅行前の体調不良について

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

コロナも少しだけ落ち着き、ワクチンも3回接種したので、我が家の中では比較的安心して旅行に行ける様な心持になってきました。(子供も居るので公共交通機関などを使うのは躊躇しますが、、、)

そんな中、我が家では、家族3人で最初で最後の旅行を決行することにしました。(半年後は4人家族になってますので。。。)

そこで起きた突然の子供の発熱を発端とした旅行キャンセルのお話です。我が家の判断とその結果について、残しておきます。どなたかの参考になれば幸いです(+後々の備忘録としても)。

スポンサーリンク

予約した宿

予約したのは、こちらのミキハウスのベビーウェルカムの宿にも登録されているいいお宿です。妻も非常に喜んで凄く楽しみにしていました。

妊婦さんにも赤ちゃんにも優しい宿 南房総白浜 季粋の宿 紋屋
私が予約した客室露天風呂付の部屋のプランは「【お部屋食より個室で!】個室食事処確約 & 貸切風呂『個室でおいしい!ゆりかご』【お子様歓迎】

料金は大人2名分で約6万(ここから県民割で1万引き)。。。おそらく私の国内旅行で最も高い宿泊料です。

こんな感じでややハイになって露天風呂付のベビーウェルカムな宿を予約し、食事も奮発してグレードアップ、準備も少しずつしてウキウキワクワクの5日前。子供がガッツリ発熱です。しかも、初めての38℃後半と絶望的。

そして、気になるキャンセル料は
当日:宿泊料金の70%
3日前から:宿泊料金の50%
5日前から:宿泊料金の30%

体調を崩したのは、旅行の5日前なので、30%。。。しかも、キャンセル料はクーポン使用前の金額からなので、1.8万もです。。。

キャンセル料と判断の時期

体調崩してから5日もあれば治るんじゃ?という気持ちになると思いますが、我が家の判断はキャンセル

旅行をものすごく楽しみにしていた妻も子供の様子を冷静に見てキャンセルしようと思ったようです。

1.8万は惜しいけども、私の残業代で●時間分と思えば、子供に無理させないための必要経費と納得できました。無理に行っても症状が残っている状態だと旅館に受け入れ拒否されては元も子もありません。

大抵の旅館は受け入れ拒否時にもキャンセル料を取るようですし、少しでも無理かな?と思っているなら早めに損切りすることをオススメします。「もしかしたら行けるかも」は、ハイリスクです。(株などの投資と考え方は同じですね)

風邪の経過(一例)

我が子の風邪の経過を一例として載せておきます。結果、キャンセルして良かったです。

初日から病院には掛かりました。

1日目:熱(38℃台)のみ
2日目:熱(38℃台)のみ→夕方から熱(38℃台)+咳
3日目:熱(38℃台)+咳+ひどい鼻水
4日目:ひどい鼻水+咳
5日目:ひどい鼻水
6日目:軽い鼻水→夕方に軽快

という経過でした。

これを経て得た教訓としては、子供の風邪は1週間は見ておく方が良さそうということです。

後日談

風邪から8日目に旅行に行きました。すごく楽しかったのと、子供も喜んで目をキラキラさせて楽しんでいたので非常に良い旅にになりました。やはり体調は万全の時に行くべきですね。

そして、Travelキャンセル保険というものを見つけて、次回からはこれに入っておこうと思いました。旅行日の14日前から加入が必要なようですが、旅行金額の2.56%ぐらいが保険料で最大でキャンセル料の100%が出るんだとか。子供の発熱なども対象と記載があります。

ただ、気になるのが、

国内旅行傷害保険は損保ジャパンが引受けを行い、Mysuranceを契約者、Travelキャンセル保険の加入者および同行者を被保険者(補償を受けられる方)とする包括契約

とあり、私、損保ジャパン(通称、損ジャ)は嫌いなんですよね。過去にしていた仕事の繋がりで、適切に申請しても出し渋ったり、無茶苦茶な理論で誤魔化そうとするなんてことよく耳にしました(自動車保険やバイク保険いずれも任意保険で)。どうしても、信用できない保険会社なんですよね。まあ、いいんですけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました